あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

修行

金曜日の画像です。晴れていたのでまた山を走ってきました。2.5キロで25分。

 

f:id:ametutsi:20190521224818j:image

 

まずは「山へ入らせてください」と挨拶してから鳥居をくぐる。

神社でパンパン!と手を叩いてもう一度挨拶してからまた走る。


f:id:ametutsi:20190521224835j:image

雨上がりで草ぼうぼう↑


f:id:ametutsi:20190521224856j:image

 

↑なだらかに見えるけどかなり急な坂道です。
f:id:ametutsi:20190521224850j:image

 

↑こちらも同じく急な坂道。


f:id:ametutsi:20190521224831j:image

 

竹林は竹が倒れていて通るのが大変。

 

ぐるーっと走って、所々にある観音様に手を合わせたり、植物観察したり。

 

一回りしたらまた神社に帰りの挨拶をして鳥居をくぐってゴール。

 

汗だくです。

この山は山岳信仰の修行場だったので、もはや修行のノリです。

 

ほんと面白いことに、山走って走り終わる頃には、憑き物落ちてますわ。あと人間の想念とか雑念とかモロモロ。娘のあーだ、こーだ、悩んでいたこともガスッと抜けます。

 

変な宗教やセミナーにハマるよりも健全かもしれません。基本タダだし!

お金がかかるといえば、お賽銭くらいかも。

あ、でもトレランシューズはメルカリで買ったからちょっとはお金かけましたわ。

 

あと、師匠は山なんで、感情的なアレコレがないので楽です。楽ですが、獣には気をつけなくてはやられてしまいます。熊とか猿出るし。

 

ま、それはそれとして、山で修行する人の気持ちがなんとなくわかりました。

 

知り合い(男性)にガチで山伏やってる方がいまして、月山で修行しているという話を聞きました。

 

「女性でも修行できるんですか?」と聞いたところ、女性の山伏もいるとのこと。昔は女性は山に入ってはいけなかったそうですが、最近は緩くなってきたらしい。

 

時代とともに変わるのだなあと思いました。

 

 

いつか月山で山伏修行したいです。