あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

イラストとか

昨日は爆睡して日記が書けず…。

 

今日土曜日は相変わらずワンオペで朝8時半から公園へ行ってこどもを遊ばせたり、家事やったりで忙しく過ごしてました。

 

土日は平日よりもくたびれます…。

 

 

最近描いてたイラスト↓

 

f:id:ametutsi:20191207002038j:image

 

イラストというか写真をいじり倒した感じ。もうちょい色を重ねたいな。

 

話は変わりまして、よさげな建物を発見↓

 

f:id:ametutsi:20191207110659j:image

 

今日はこの辺で…。

 

 

岩手 岩谷堂の食器棚

この間の日曜日の夕方、Eテレの子供番組を見ようとテレビをつけたら「猫のしっぽ、カエルの手」がやっていた。

 

ベニシアさんの家が好きで録画してるんだけど、最近は忙しくて見てなかった。

 

チラ見してたら見たことのある家具が…。

 

この間の放送↓

 

 

この岩谷堂という岩手の家具屋さん、うちの食器棚を作ってくれた工房だった。

 

これは10年前、結婚する時に両親が送ってくれたもの。初めはいらないと断ったのだけど、「結婚するのだから記念に」と言われ選んだんだっけ。

 

ちなみに先に嫁いだ妹は船箪笥を選びました。

船箪笥もいいなと思いましたが、それを選んでたら娘が押しまくって大変だったかも…。

 

うちの実家はほとんどこの岩谷堂の家具です。

 

で、その食器棚はこちら↓

 

f:id:ametutsi:20191207223230j:image

 

ガラスがない伝統的な水屋箪笥もあって、本当はそっちが欲しかったのだけど中が見えないと使いづらそうなのでガラスありにしました。

左側のプロレスラー、グレードサスケの写真は気にしないでください。旦那さんの名前入りでもらってきて、趣味ではないのですが飾ってます。来客は「これウケ狙い?」とかなりの確率で喜びます(笑)

 

食器棚の右上の緑の丸いのは昔流行ったザク豆腐の容器です。これでカメムシを捕まえて容器の下に葉書をスライドさせて閉じ込めると、カメムシを刺激することなく捕獲できます(笑)

 

f:id:ametutsi:20191205173530j:image

 

左上のスペース↓


f:id:ametutsi:20191205173543j:image

右上のスペース↓


f:id:ametutsi:20191205173536j:image

だいぶ減らしたんですが、食器でギチギチです…。

 

下の段の左↓


f:id:ametutsi:20191205173527j:image

 

下の段は自閉症の娘がいじっても問題ないような物しか入れてないのでスカスカです。本当はこっちにも食器を入れたいんだけど、あと数年は無理かな…

 

下の段の左↓


f:id:ametutsi:20191205173540j:image

 

こっちはティッシュペーパーとトイレットペーパーの予備入れ。あと花瓶。結構たくさん入ります。こっちも娘は興味がないのかあまりいじりません。

 

真ん中の段の引き出しはハンカチやティッシュ、ホッカイロを入れてます。

 

で、ちょっとマニアックな話を…

 

この食器棚は欅の材を摺漆という塗り方で仕上げてあります。

 

摺漆(すりうるし)という技法は簡単に言うと、色が入ってない状態の漆を塗っては拭きとり塗っては拭き取りを繰り返して、艶を上げて仕上げる方法です。

 

塗っては拭き取るんだから簡単じゃない?と思われるかもしれませんが、漆の筋を残さず綺麗に拭き取るのはかなり難しいです。あと、摺漆をする際、木材の研磨はかなりしっかりやらないと、研磨傷が浮き出て仕上がりが汚いです。

 

漆の仕事もしていたので、見ると綺麗な仕事かそうでないかはだいたいわかります。

 

うちで唯一立派な家具はこれかも…。

 

他の家具は学生時代に作った自作の家具か実家から持ってきた古い家具たち、あと旦那さんが使ってたエレクター。テイストがバラバラです(笑)

 

それにしてもこの食器棚は、311の大地震の時でもビクともしませんでした。欅の食器棚なんで重いし、食器も大量に入っていたからかな。

 

この食器棚、実は上の部分と下の部分が別れているのですがそれでも大丈夫でした。

 

岩谷堂のサイト↓

 

 

いつかこの工房も行ってみたい。

Amazonギフト券で何買おう

この間当たった2000円のAmazonギフト券を真剣に悩む…

で、会社へ持っていく仕事道具を新調することに。

普通の大きさのカッターは持ってるので、大型のとデザインカッターを購入したい。

やっぱりオルファかな。学生の頃から使ってるけど使いやすい。

で、候補↓

オルファ カッター 大型 万能L型 11BS

オルファ カッター 大型 万能L型 11BS

  • 発売日: 1993/12/01
  • メディア: オフィス用品

大型のカッターは、サンプルを荒削りする時に使いたい。ずっと小さいカッターで不便してた。

デザインカッターは1本持ってるんだけど家でも使うのでやっぱり仕事用にもう1本欲しい。

今持ってるデザインカッター、実は20年前の学生時代、校内に落ちてたのを拾って使ってたり(爆)

あとこれも同じ場所で拾った↓

オルファ:OLFA 円切りカッターL型

オルファ:OLFA 円切りカッターL型

  • メディア: Tools & Hardware


美術の短大だったので、なにかと便利なものが落ちており皆拾って勝手に使ってたけど、今思うと学生課に届けるべきだったなあと思います…。


それはさておき、大型のカッターとデザインカッター2つ買うと1100円ちょい。2000円までまだ何か買えるけど思い浮かばない…。


プライム会員ではないので2000円は買わないと送料無料にならない…。


うーん、何買おうかな。
地味に悩みます。

自閉症児のピクニックごっこはリアルでやりたいらしい

昨日は陶芸教室でした。

前回、引っ掻いて絵を描いたところに黒化粧を埋めたのを↓

焼いてもらって研ぎ出して模様を出しました↓

違いがわかるかしら…。
下の絵の方が研ぎ出されて線が細くなってます。

「研ぎ出し」っていう言葉を使いましたが、どうも調べると漆工芸の専門用語でした。漆芸を勉強してたので、どうもそっちの言葉ばかり出るみたいです。

あと建築の方でも使われるみたい。佐官屋さんとか、小石を埋め込んで研磨する技法とか。今まで当たり前で「研ぎ出し」という言葉を使っていたので調べると面白い。


午後は溜まってた家事をやりつつ、年賀状のデザインを…。写真を加工して貼り付け、字を入れておしまいという簡単なデザインにしました。

久しぶりにフォトショップとイラストレーターを使ったら、「あれ?あの機能はどこだっけ?」と機能迷子になってしまい…。

イラストレーターを最後に使ったのは夏だったのを思い出しました…

こんな感じで昨日はあっという間に終わり何事もなく1日が終わるかなと思ったのですが。


夜、また娘のやりたい病が出てきてしまいました。


昨日のやりたい病は、「ピクニック」

居間にレジャーシートを敷きぬいぐるみを並べて始まったのですが、食器棚からお皿とコップを出してきて。

本物のお皿だと割れると困るのでプラスチックにしてもらったのですが、今度は冷蔵庫から食材を出してきました。

どうやら「リアルピクニック」をしたい模様。


卵やチーズ、ソーセージや果物を出してきて子供用ナイフも準備。

こりゃやばい!と思い「冷蔵庫のものは出さないよ、これを使うと明日の朝ごはんはなくなちゃうよ」と諭しましたが納得せず…。


「折り紙を切って卵にしたら?」と言っても「違う!」と言って聞く耳持たず。


食材を冷蔵庫に戻したのですが、娘はまた食材を出そうとしたので「冷蔵庫の食べ物は使えません」と言って食材を全部冷蔵庫の上へあげました。


食材が手が届かないので、ようやく娘は観念して違う遊びに移りました…。癇癪を起こさなかったので一安心。


で、夜寝る前に、娘はジャンパーと帽子、靴下を持ってきてこんな風に置きました↓



「アンパンマンの電車に乗りたい!」


と、夜中の脱走を企ててました…

職人と作家の違い

昨日はお仕事デーでした。

だんだん山の方が白くなってきたので、無理をせずに高速で。

道路が空いてたせいか、いつもよりも早く会社に着きました。

一週間ぶりの会社だったので前回やったことをすっかり忘れてました(笑)


で、地味に商品のサンプル作りや今後の商品の展開についての打ち合わせ。


お昼は韓国料理屋さんでスンドゥブスープ定食↓

湯気で白くなってる。寒かったので美味しかった。


午後は木地師さんのところへ行ってどういう形にするか細かい打ち合わせ。木地師さんというのは、ざっくり説明すると木を使って塗装をする前の木地を作る職人さんのこと。

木地師のなかでも、丸物(お椀とか)を作る職人と板物(お重とかお盆とか)を作る職人とで分かれてたり。分業制なので分かれてた方が効率がいい。

が、どっちもできる職人さんもいたりします。こういう職人さんはレアキャラ。若い職人さんはこういうなんでもできる方が多いかも。


最近では職人では食べていけないので作家になる方も増えてます。

職人と作家の違いは、簡単に言うと問屋から仕事をもらって仕事をするのが職人さん。自分で作りたいものをつくって、展示会などで自分で売る人が作家さん、と言った感じでしょうか。

最近では不況で問屋から仕事がこないので職人やりつつ作家になっちゃう方も増えてます。

職人と作家の境界線がなくなりつつあるかな。物つくりの現場も多様化が進んでますな。

職人さん自ら面白い試みをしている人も増えてるし。でないと食べていけないしね…。

昨日のJ-WAVEのクリス智子さんの番組で秋田の曲げわっぱのバターケースのプレゼント企画やってた。

こんなふうに職人さんの品物がどんどん前に出れるといいなあと思います。認知度が上がれば、弟子入りしたい!という若い人も増えるだろうし。


ま、話はそれましたが、こんな感じでほどほどに仕事をして家へ帰りました。


夜、息子がカーテンにくるまって遊んでいるのを見て↓

妖怪グルグルと名付けました。

かわいいなあと思いながら見てたけど、自閉症の娘はその昔、カーテンを引っ張って破壊してたなあ…。

クリスマス会行ったり公園行ったり


昨日はファミリーサポート主催のクリスマス会へ行きました。

旦那さんは休みだったけど、夕飯の買い出しとメガネを直しに眼鏡屋さんへ。

ということで通常通りのワンオペです(笑)

クリスマス会ではゲームをやったりケーキを作ったり↓

娘が途中からクリスマスの飾り付けや出し物の小物をいじり出してしまい、弟は放置で終始娘を追いかけてました。

疲れた…。

でも今利用しているファミリーサポートは障害児もOKなのでなにかと助かります。

昼にクリスマス会は終わり、そのまま神社のある公園へ↓

誰もいないのでこどもを遊ばせるのには最適。昨日は妙に暖かかったので熊鈴持って行きました。虫も飛んでるし、本当に12月かいな。

家に着くとわたしはクタクタ。
でもこどもはまだまだ元気…。

このあり余る体力はなんなんでしょう。

ヘタれていましたが、この間出した懸賞が当たり一気にテンション上がりました↓

何に使おうかな〜。
使うのが楽しみです。

自閉症児の授業参観

日記がさかのぼります。

29日金曜日は自閉症の娘の授業参観でした(娘は支援学校へ通っています)

テーマは赤ちゃんについて。

人間の赤ちゃんと動物の赤ちゃんはどう違うのかとか、赤ちゃんはどう育っていくかとかそんな感じの授業でした。

まあ始めは娘も大人しく授業を受けてたのですが、途中から飽きてきたのか椅子にもたれかかったり、ホワイトボードの写真を勝手に移動したり。


補助の先生がつきっきりで娘の対応をしてたんだけど、それでも授業内容を理解してない。

先生と生徒が一緒にプロジェクターに映った文章を読み上げてる時も、足をプラプラしたり歩き回ったり。


他の子がスラスラ読み上げてるけど、字を1文字ずつ読む娘にはまだ難しい。


しまいには赤ちゃんの重さを知るための人形で、おままごとが始まり…。娘は授業時間をほとんどおままごとで終わってしまった。

娘のクラスは障害が低度のクラスなんだけど、親のわたしから見てもちょっとこのクラスでは厳しいんじゃないかと思えてきた。

来年のクラス替えで、中度のクラスにならないかな。中度のクラスは1人の生徒に対して先生は1人つく。


娘にはマンツーマンの方がいいような気がする。でもクラス編成は学校が決めるし、少ない先生でやってくださってるので親がどうこう言えないしなあ。

今のクラスは娘と男の子5人の合計6人を2人の先生が見ている。支援学校ってだいたい3〜4人に2人の先生が見るので、ちょっと多い気もする。


まあ、支援が必要なこどもが増えて先生の人数が足りなくなったんだろうけど、これじゃ生徒も先生も大変だ。


次の個人面談の時に、来年からクラスが変えられるかちらっと聞いてみたほうがいいのかな。


でも担任の先生は娘の事でいろいろとお世話になっているので、言い出しづらい。学校には学校の事情もあるだろうし。



言っていものやら…。ああ、モヤモヤする…。


しばらくモヤモヤは続きそうですわ。