あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

美しきコアカミゴケ

昨日は晴れたので、子どもを連れて公園へ。

 

毎年公園のベンチにびっちり生える謎の物体↓

 

f:id:ametutsi:20200811090817j:image

 

ナウシカっぽい。

 

すんごい綺麗で「これは苔なのかな?」とインスタにUPしたところ、フォロワーさんに「コアカミゴケ」という地衣類だと教えていただきました。

 

で、わたしは苔は地衣類だと思ってましたが、実は菌類でした。苔は植物だそうで。

 

 

40過ぎて軽く感動しました…。

 

ナウシカっぽく思えたのはやっぱり菌類だからかな。

 

こんな感じでベンチにびっしり生えている↓


f:id:ametutsi:20200811090813j:image

 

 

 

もう時期が終わったのかと思ってたけど、へびいちごも発見↓


f:id:ametutsi:20200811090820j:image

 

それにしても菌類、面白い。

見ていて綺麗でゾクゾクしてしまう。

 

 

この間、きのこの図鑑を買ったばかりですが、地衣類の図鑑も欲しくなりました。

 

この本がいいかな?

 

 

画像が綺麗そう↓

ミクロコスモス: 森の地衣類と蘚苔類と

ミクロコスモス: 森の地衣類と蘚苔類と

  • 発売日: 2018/09/10
  • メディア: 単行本
 

 

菌類と言えばこの方を思い出します↓

買ったはいいがまだ読み終わってない…

 

森の思想 (河出文庫)

森の思想 (河出文庫)

  • 作者:南方 熊楠
  • 発売日: 2015/04/28
  • メディア: 文庫
 

 

話は変わりますが、撮りためたきのこの画像を図鑑で調べたら、美味しそうだなと思ったきのこは全部毒きのこでした…。

 

やっぱりきのこは素人は手を出してはいけないなと思いましたわ。

自分の絵を一から勉強し直す

先月くらいからまたイラストを描き始めてたんですが、どうにもうまくいかない。

 

描いても描いてもなんかおかしくて、イラッとしてくる。足が微妙だったり、表情がおかしかったり構図がイマイチだったり。

 

で、何が問題なのかを考えた結果、自分が描いてるやり方を一旦辞めて一から絵を勉強しなおそうかと。

 

お絵かき系YouTubeを見たりして思ったのは、やり方は本当にいろいろで、自分に合ったやり方をしなければ駄目だということ。

 

わたしは美大受験のためのデッサンはやってきたけど、それ以降の絵の勉強はやっていない。専攻も工芸だったので、絵とは疎遠。

 

つまり受験用のデッサンは描けるけど、イラストっぽい絵は全く素人…。イラストを描くノウハウは知らない。

 

というわけで、いろんな人の動画を見ても方向性にばらつきが出るので、わかりやすい、実戦しやすい方の動画だけに絞ることに。

 

で、適当に「イラストの描き方」で検索してこちらの方の動画を見まくってます↓

 

 

実はイラストレーターさんや絵師さんの名前をほとんど知らずで、恥ずかしながらさいとうなおきさんの事も全く知りませんでした…。アニメもそこまで見る方でもないし、ゲームもやらないしで。最後にゲームをやったの20年前…。

 

アニメもキャラクターよりも背景の絵を見るのが好きだったり(ちょっと変わってるかも)

 

で、この動画、何も知らずに見始めたんですが通販番組を見てるようなノリなんで面白いです。絵の描き方もそうですが、絵を描くときの考え方とかモチベーションの上げ方とかそういうのも大変勉強になる…。

 

というわけで、さいとうなおきさんを心の師匠として絵を描くことに。安直すぎるかもしれませんが、メンターは必要なのかも。

 

とりあえず、こんな感じで人物画から↓

 

f:id:ametutsi:20200808191103j:image

 

同じポーズで違うキャラを描いてみたり↓


f:id:ametutsi:20200808191059j:image

 

ねずこは息子が描いてと言われて描いたんだけど…。


f:id:ametutsi:20200808191106j:image

 

ばーっと、描き上げて自分の絵のおかしなところ、表現がイマイチなところを書き出してそこを重点に直していくという作業をしています。

 

ちょっとかわいらしい感じの絵を目指したい…。女の子のちょっとした仕草とかを自然に描いてみたいな。

 

あとキャラっぽいのとは別で、陶芸とかの絵柄で使えそうなデザインもちと一から勉強しようと思います。

 

今、仕事もないし、どうにもこうにも作りたい、表現したいという気持ちがムクムク湧いてきてるんだよね。

 

実はわたしは絵を楽しく描くタイプではない。

「もう、駄目、無理無理…」と嘆きながらやるタイプ…。いやこれ絵を描くの向いてないんじゃと、自分でも思ってしまう。

しかも勉強もできなくて、勉強よりはちょっと絵が得意だったからという理由で美大に入ったし。ちょっと絵が得意くらいだと、美大なんて上手い人だらけで沼の底に沈んでしまう。

 

ただ、表現したいという欲求は強いのかも…。

 

絵を描いていて、「無理無理無理」状態から「うおー、描いてて疲れない!夢中で描ける!」というフロー状態になりたいです。

 

娘の散歩と沖縄に桃を送る

自閉症の娘の放課後デイが週3から週2になり、運動不足になりそうなので朝1番で公園へ連れて行った。

 

娘は精神系の薬を飲んでいるせいか、中度の肥満…。主治医には「バランスのよい食事と運動ね」と言われてしまった。

 

お菓子や甘いジュースはほとんど飲まないんだけどなー。むしろ息子の方がお菓子やジュースを飲む(それなのに息子はスリム)

 

大きな公園を歩かせて、遊具がある場所まで行った。朝1番なので他に子どもがいなくてホッとした。他に遊んでる子どもがいると、話しかけて大変だったり。

 

娘は誰もいなくてつまんなそうだったけど…。

 

結局遊具では10分ほど遊んで「車に帰る」と宣言し、帰ることになった…。

 

娘を見つつ、きのこを発見↓

 

f:id:ametutsi:20200806225837j:image

 

調べたら「かやたけ」っぽい。

 

きのこが消滅した後↓


f:id:ametutsi:20200806230402j:image

 

欅かな?
f:id:ametutsi:20200806225922j:image

 

久しぶりにパンを焼いたら、国産小麦粉だということを忘れて水分量を調整しなかった↓


f:id:ametutsi:20200806225849j:image

 

分割の時点で垂れてるきたので、成型後二次発酵をせずに一気に焼き上げた。ヨーグルトとレーズンを入れてさっぱりした味になった。

 

午後は、桃の直売所へ行き沖縄の友達に桃を送った。5人家族なので1番大きな桃の箱詰めにしたんだけど毎回送料にびっくりする…。クール便だとさらに。

 

桃とほぼ同じ金額の送料だった(笑)

 

コロナで福島に帰省できないし、喜んでもらえるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み最後の日は

昨日は旦那さんの夏休み最後の日でした。

 

自閉症の娘は放課後デイへ、息子は前に保育園の一時預かりへそれぞれ預け、夫婦でお出かけ。

 

子供と一緒では入れないような店でランチしてきました。

 

混むお店だそうで予約して行ったのですが、コロナの影響かガラガラ。予約しなくてもよかったような…。

 

それはともかく、とても美味しかった…。

 

前妻↓

 

f:id:ametutsi:20200804213150j:image

 

モッツァレラのピリ辛パスタ↓

散らしたパセリとモッツァレラが絡むとめちゃうまい。


f:id:ametutsi:20200804225241j:image

 

自家製ジンジャーエール↓


f:id:ametutsi:20200804225238j:image

 

このジンジャーエールがまた美味しい…。

青春って感じ(遠い昔だが)

 

ワインがよさげなの置いてあったんだけど、わたしも旦那さんも車を使う予定があったので断念…。

 

中央葡萄酒株式会社さんのワイン↓

 

 

山梨のワイナリーですな。

ホームページがかっこいいです。

 

で、お店に空瓶で飾ってあった「キュヴェ三澤」というワインを飲んでみたかったのだけど、残念ながらお店には置いてなかった。

 

このお酒↓

 

 

このワイン、オンラインショップにはなかった。本数が少なくてなかなか飲めないお酒なのかも。

 

別のワインでもいいから、そのうち取り寄せたい…けどこの間の旅行でワインを買ってきたばかりだった(笑)

 

それにしても娘の放課後デイを週5から週3に減らしたら、ブログを書く時間がないよー。

 

障害児1人を育てる労力は健常児3人分の労力と一緒くらいだそうです。

 

という事は自閉症の娘と息子(今んとこ健常)で、わたしは4人分の育児をしてるという事になりますな。

 

そりゃ、時間ががないわー。

偉いぞ!自分!

 

 

とりあえず自分を褒めましょう…。

 

山々

水曜から安曇野に旅行に来ています。

 

コロナ渦で旅行なんて!と思われる方…、いやわたしもそう思います…。

 

まあ、旅行と言っても別荘を借りて食事はテイクアウトで済ませているし、行くところは近くの公園。子供を遊ばせている感じです。

 

そもそも自閉症児連れなんで、観光地へ行くのはまず厳しいしね。去年もほとんど食事はテイクアウト、行くところは公園で終わっていた。去年行ったのは安曇野ワイナリーくらいかな。

 

なので、コロナ渦でも去年の旅行とそれほど中身は変わってなかったり。

 

とりあえず、山々の景色が綺麗でした↓

 

f:id:ametutsi:20200731231730j:image


f:id:ametutsi:20200731231221j:image

 

すんごく人懐っこい鳥で、かなり近づいて撮ることができた↓

 

f:id:ametutsi:20200731231253j:image


f:id:ametutsi:20200731231735j:image


f:id:ametutsi:20200731231249j:image

 

これはSAにいたツバメ↓


f:id:ametutsi:20200731231246j:image

 

スタッフさんが作ったのかな。

かわいい↓

 

f:id:ametutsi:20200731232457j:image

 

 

本当は別荘でゆるりと本を読んだり絵を描きたいところですが、それはいつかそのうちですな…。

ズッキーニの収穫

連休前の話です。休み前の晴れの日に庭のプチ菜園の草むしりをしました。連休中だと子どもがいて草むしりは不可能…。

 

before↓

 

f:id:ametutsi:20200726132204j:image

 

after↓
f:id:ametutsi:20200726132158j:image

 

雑草を取り除いたら、ズッキーニが結構出来てました。受粉し忘れてたけど、近くで養蜂をされてる方がいて蜂がたくさんくるからか受粉しなくても大丈夫でした。ハーブの花も満開で蝶やら蜂やら大量にいます。

 

子どものかまきりもいた↓

 

f:id:ametutsi:20200726163348j:image


f:id:ametutsi:20200726132201j:image


f:id:ametutsi:20200726132155j:image

 

 

 

収穫したズッキーニ↓


f:id:ametutsi:20200726132207j:image

 

庭の細かいところも草むしりをしました。こっちはafterしか撮ってなかった…。


f:id:ametutsi:20200726133308j:image

 

連休明けたら、庭の広い面を機械で刈る予定です。頑張るぞ。

 

羊を眺めて車を脱輪させる

昨日の朝の事だった。

 

朝早く娘と息子を連れて公園へ行く途中、羊を放牧しているところを車で通った。

 

「ひつじのショーン」のような羊がいるので、そこを通る時は子どもたちに見せるためにちょっとスピードを落とすのだが、昨日はスピードを落としつつ少し近くに車を寄せてみた。

 

 

で、寄せすぎてうっかり左前のタイヤを側溝に脱輪させてしまった…(しかも新車…)脱輪なんて十数年ぶりなんでかなり恥ずかしい。

 

息子は「大事件だ!」と言って大喜び…。自閉症の娘は後部座席でiPadに夢中になって気にもしていない。で母であるわたしはあたふた…。

 

結構な山の中だったけどGoogle mapで住所を特定してとりあえずJAFを呼ぶ(一応会員だったり)こんな山の住所も特定してくれてGoogle map様々であります…。担当してくれた方が1時間くらいで着けると言っていた。

 

1時間は長いけどこんな山の中だからそのくらいはかかるなあ、いや逆に早いのかも…と諦めてた時だった。

 

JAFを読んでから数分もせずに通りかかった地元の方が声をかけてくれて、車を押してタイヤを側溝から出してくれて助けてくれた。初めは1人だったんだけど、もう1台通りかかった車も止まってくれて合計3人で車を押してくださった。

 

本当にありがたい(泣)

感謝を述べオジキをひたすらしました。

 

車もタイヤが綺麗に側溝にハマっていたため傷もなく…。よかった、よかった。

 

会津にいた時も、住み始めてすぐはしょっちゅう車を雪に埋もれさせてよくその辺の方に助けてもらってたっけ。雪の時、すぐ助けてくれるのは本当にありがたかった…。ほんと来てくれるのは早いの!若い人も年配の方も関係なく来てくれる。

 

人が困ってる時は、すぐに助けねばならないなと思いましたわ。わたしが出来る人助けは、病院で支払い方法がわからず困ってるおばあちゃんにやり方を教えるくらいですが…。

 

まあ、困っている人がいたら、すぐに声をかけるフットワークの軽さは持っていたいなあと思いました。