あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

息子は幼稚園に入れるのか…

今、息子が通っている認可外保育園は今年度で閉園予定なので、来年から幼稚園へ通わせようと思っている。

で、昨日から幼稚園の願書配布が始まったので1番近くのC幼稚園へ取りに行ってきました。
初めて行く場所なのでドキドキしながら園を訪ねた。

ところが対応してくれた保育士の方が「年中さんは募集してないんですよ。転勤とかで空きが出ない限り、入れないんですよ。ただ願書は受け付けます」

なぬ?空きがなければ入れない?


改めて市のホームページを見るとC幼稚園の受け入れ予定数が「問い合わせしてください」だった…。


保育園じゃなくて、幼稚園ですら入れないのか。仕方がないので、他の幼稚園も探すことに。

ちょっと遠いけど15名募集の私立A幼稚園30名募集の市立B幼稚園が見つかった。見つかったけど、入れるかどうかはわからない。

なにせ、市のホームページを見ると園児募集をしている幼稚園がほとんどない…。

げ、激戦になりそう。

なんとしても幼稚園に入らないと仕事もできないし、娘の通院の付き添いもできなくなる(娘の通院はとにかく検査が多いのでどうしても長丁場になる)娘の学校行事も参加できない。


近場の認可外保育園はほとんど潰れてないし。


まあ、福島県は原発事故のせいで一気に子供が減って、その時に幼稚園、保育園が結構潰れて数が少なくなってたというのもある。

でもって、避難してた人たちが戻ってきて子供が産まれてプチベビーブームになったのだから、足りなくなるのも当たり前。


無償化なんてしなくていいから、みんな入れるようにしてほしいですわ…。

で3箇所分の願書をもらってきました↓


面接も最低3回は行かなきゃならない。1つの幼稚園で2回面接とかあるし。面倒くさがりなんで、今から億劫です。とほー。


というわけで、午前中は幼稚園めぐりで終わってしまった…。


で、お昼を食べたらどっと疲れが出て昼寝。


1番最初に行った幼稚園がなんか自分に合わなくて疲れちゃったというのもある。

第1候補だったのに、幼稚園の中に入ったら、あれ?なんか違う、という直感的な違和感。

先生の対応が悪いとかそんなんじゃなくて、なんだろう、全体的な空気感が合わなかった。土地的なものかもしれない。

建物の新しい、古いは関係なくて、「なんか、ここ嫌だ」と自分の中の何かが叫んでいた。

もしや、何かいたりして…

というのは冗談だけど、第1候補はわたしの中では落ちてくれるといいなと思ってます(笑)

こういう直感って、幽霊うんぬんじゃなくても人のトラブルがあったり、結構当たったりするし。

仕事でもかなり直感使ってやってるので、なんとなくわかるのだ。
自分の直感は大事にしよう。


1時間ほど昼寝をして復活。


起きてから絵を描き始めたけど、「幼稚園に入れなかったらどうしよう」なんて思ってたら、お絵かきも微妙に進まなかった。

そんなこんなをしてると、15時過ぎにデイサービスから電話があり、娘が発熱してるとのこと。

わたしが「今からお迎えに行きます」と伝えたら、責任者の方が「おかあさんが迎えに来ると、また車に乗らない〜!ってなるかもしれないので、自宅まで送ります」と言ってくださった。

あー、非常にありがたい。以前、熱があって迎えに行った時に、娘は「帰らない!」と大騒ぎして30分後にようやく車に乗ってくれたのだ。


娘の通ってるデイサービスは本当にいろいろ考えてくれるし、こどもたちの喜ぶとことをやってくれるので助かる。


立派な幼稚園とかじゃなくてもいいから、こういう小規模保育サービスがもっとあってもいいなと思いました…。