あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

榮川酒造 特別純米「美山錦」生原酒

日本酒レポです。

ちょっと前に飲み終わったお酒。

 

榮川酒造 特別純米「美山錦」生原酒。

こちらは福島県磐梯町の酒造さんです。

 

筆書きのデザインのラベルがかっこいいです。

甘辛のバランスがよく美味しい。香りもよし。

 

f:id:ametutsi:20200910141928j:image
f:id:ametutsi:20200910141924j:image

 

 

榮川酒造のは何度か飲んでるな↓

 

 

ラベルが微妙に違う。

 

 

これも美味しかった↓

 

 

 

で、最近のつまみのアニメは「銀河英雄伝説」です。新しい方のね↓

 

 

田中芳樹は中学〜高校ぐらいまでハマりまくって読んでたんですが「銀英伝」は読んだことがなかったり。なんでかというと、登場人物が多すぎると途中で名前を忘れちゃうんだよね…。だから「三国志」も「水滸伝」あたりも読めなかった…。「キングダム」も同じ理由でダメそうです。

 

まあ、そんなこんなで読んでなかった「銀英伝」をアニメで見たわけですが…、小説の膨大な情報量をところどころ端折っているアニメを初見で見るのはさすがにキツく、銀英伝を読破している旦那さんに聞きながら見てました。

 

旦那さんは銀英伝をガチで好きらしく数年前新潟でやってた展覧会に泊まりがけで行ったほど。わたしも誘われたんだけど銀英伝読んでなかったので断りました(1人では行きにくいのか最終的には同期と一緒に行ったらしい)

 

話は戻りまして、田中芳樹を読んでた人間としては独特の台詞回しとか出てきてやっぱり面白い。大人になってから田中芳樹の作品に触れるとまた別の視点で見ることができて感慨深いです。話が理屈っぽいとか、考え方がかなり偏ってるとか、(笑)

 

夢中になって読んでたんですが中学、高校ではそこまで気づけなかったなー。大人になるってこういうことか、とちと寂しくなってみたり。

 

あれこれ読んでたんだけど、芳樹さんがあまりに遅筆過ぎて読むのをやめた。「アルスラーン戦記」もなかなか出ない上に第二部の内容がぐたぐたで読む気がしない。

 

田中芳樹さん、長編より短編の方がまともに終わって好きかも…。

 

懐かしい↓

 

 


これも面白かった↓内容忘れたけど…

 

アップフェルラント物語 (らいとすたっふ文庫)

アップフェルラント物語 (らいとすたっふ文庫)

  • 作者:田中芳樹
  • 発売日: 2016/08/19
  • メディア: Kindle版
 

 

 

あと他にも読んでた気がするんだけど思い出せないなー。

 

日本酒レポだったのに田中芳樹を熱く語ってしまいました…。そして夢中なって見てるとお酒がすすんで困るアニメです。